持論(長文注意!)

 上海で人材紹介はじめました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持論(長文注意!)

かれこれ1年半ほど上海にいるわけですが、
そもそもなんで中国か?

ということを今日はつらつら書いてみます。

もちろんチャンスがいっぱいあると思うからなのですが、
それには二つの意味があります。

①短期的なもの

 2010年までは驚異の成長を続けるでしょう。
 急激に成長するマーケットでは常にプレーヤーが
 足りない状態なので、資金力やそのマーケットでの
 経験がなくても、尖った商品・サービスさえ提供できれば
 一定の成功がおさめられるであろうこと。

 日本では、こんなに速い成長は今後「絶対に」
 あり得ない。だからわざわざ来たのです。 

 もちろん、2010年以降も、
 踊り場を何度か経験しながらも安定成長を続けることでしょう。

②長期的なもの
 
 10年後か20年後か50年後かは分かりませんが、
 中国はアメリカ・ヨーロッパと並んで、
 「普通の」国となるでしょう。
 「普通の」というのは、「スタンダードを作り出すことができる」
 という意味です。
 
 今は特殊な国というイメージが強いと思いますが、
 中国が作り出し、世界に発信したものが
 「お~いいね~」と世界に受け入れられる。
 それが普通になる時代がきっと来ます。
 
 中国には、「人口」というアドバンテージが
 あります。これは大きい。

 「百度」を知っていますか?
 中国最大の検索サイトです。
 今年日本に進出し、
 ソニー前会長の出井さんを社外取締役に迎えて
 話題になりました。
 
 百度の検索サービスは現在、もちろん使えます。 
 http://www.baidu.jp/
 中国からはアクセスできなくなってますが…。
 
 百度は、中国で一番トラフィック(使用頻度、と考えればいいでしょうか)が
 多いサイトで、同時に「世界で4番目に使われているサイト」なのです。
 もちろん、いろいろな要素があってのことでしょうが、極度に単純化して言えば
 人口の多い中国でトップであれば、世界でも上位になる、ということ。
 これは大きい。
 
 百度がなぜ、中国でヤフーとグーグルを抑えてトップになれたか、
 というのは、やはり中国という国と中国のユーザーの「特殊性・特別性」に
 一番良く対応できたからでしょうが、同時に
 百度はアメリカ的なグローバル性も持ち合わせています。
 経営トップはアメリカで学位取得、アメリカ企業を経て中国で創業。
 アメリカのナスダック市場で上場しています。
 
 かといって、百度は「アメリカ的な」技術・資本調達・マネジメントその他 
 のみで中国トップになったわけではない。それなら、なぜグーグルとヤフーに
 勝てたかという説明がつきません。
 やはり、中国の特殊性に一番うまく対応できたと考えざるを得ない。
 
 そして、その企業が「中国の特殊性」を内包しながら
 日本を足がかりに世界に進出します。
 「中国でトップ=世界で上位」というアドバンテージを持ちながら。
 もし世界で成功をおさめれば、そのときは「中国的特殊性」が
 「中国発グローバルスタンダード」になる瞬間です。

 百度が本当に世界で勝てるかはもちろん分かりませんが、
 同様に世界を目指す企業が今後たくさん出てくるでしょう。
 だって中国で上位なら世界でも「いいセン」なんですから。
 そういう事例が積み重なって、中国は世界のスタンダードを
 作り出す国の仲間入りをするだろう、というロジックです。
 
 百度の事例が長くなりましたが、そういうスタンダードを
 生み出す国に友人がいて、言葉ができて、マーケットへの
 ある程度の理解をもっている、というのはかなりのチャンス
 ですよね。
 
 そんなこんなで、中国にいるわけです、という長文でした。


ブログランキングに参加しています。
よかったらワンクリックお願いします。

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

長文なんて気にならないくらい一気に読んじゃいました!
こういう考え、持論がもてるコト、さらに行動に移してるコト・・・すばらしいです☆
>れ
あ、いやいや、照れますわ。











管理者宛の投稿

中国で就職してみる?

Fujisan

crossreview

プロフィール

bricom

Author:bricom
2006年3月より上海に滞在。留学→ライター→現地採用を経て、2007年8月にぶりコム【ブリッジSE.com】を設立。唯一・最大のブリッジSE転職サイトに育て上げるため奮闘中。

まだまだ若造、かつビジネス自体もちっちゃなちっちゃな感じですが、以下のような理念をかかげることといたいました。


日中間の人・文化・情報の流通を最大化する!


人材ビジネス畑出身なのでまずは人材紹介事業で基盤を作ります。その後、なるべく偏りがなく、かつ多様な文化・情報を日中間で流通させる方向に事業を展開していこうと考えています。

上海で就職・転職したいITエンジニア・営業、セールスエンジニアの方はお気軽にご相談ください。
→ kuno■bridgese.com (■→@でおくってください)


書評ブログもやっています ⇒ 起業・転職・就活に(たぶん)効くビジネス書

↓相互リンク募集してます。お気軽にどうぞ
 kuno■bridgese.com
 (■→@でおくってください)

おすすめサイト・ブログ

FC2カウンター

このブログ著者が運営するサイト・ブログ

ぶりコム【ブリッジSE.com】
日中間ブリッジSE専門の転職サイト。ブリッジSEを目指すエンジニアはぜひ!

上海IT.net(工事中)
上海で働きたいITエンジニアは必見。上海にある70%以上の日系IT企業の求人を押さえてます。

教職@上海.net(仮称 工事中)
上海で働きたい小中学校・幼稚園・塾・予備校の先生の転職を積極サポート!!

HSK網(HSK-wang)
HSK(漢語水平考試)専門の学習支援サイト。

中国語学習向上委員会 もう聴き取れないとはイワセナイ!上海・蘇州の3つの中国語学校が集結、みなさんの聴力向上のために 立ち上がりました。レベル別のポッドキャスト4番組を毎週配信します。

日刊[HSK]
上記HSK網が発行する、無料のHSK学習メールマガジン。その名のとおり日刊で発行、1日5分読み続けるだけでいつの間にかHSKのスコアが上がる!?不思議なメルマガ。

HSK網運営者のブログ
HSK網の運営者たち(複数、人数は不明w)が好き勝手なことを書き込むブログ。

起業・転職・就活に(たぶん)効くビジネス書
三度のメシの次の次くらい(笑)にビジネス書が好きな、著者が趣味でやっている書評ブログ。でもけっこう気合いれて書いてるので、お好きな方はどうぞ。

タオバオ(淘宝網)に出店しよう! 中国最大のECモール「タオバオ(淘宝網)」に日本の企業・ブランドを出店させ、 今や世界最大のマーケットとなりつつある中国でうりまくろう! というプロジェクトのサービスサイトです。

中国でモノを売りたい人を徹底的に応援します! 中国最大のネットショップモール「淘宝網(たおばおわん)」(←楽天みたいなもの) で日本製品を売りたい人を応援します!というプロジェクトです。

タオバオモール出店なら上海TU 淘宝網が運営するBtoCサイト「タオバオモール」への 日本企業の出店・運営をサポートします。 中国EC進出ならタオバオモール出店がマスト!

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブログランキング参加中!応援よろしく!

ブロとも申請フォーム
RSS
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。